中年男性の白髪に対する私の感想

嫌だなと思っても、皆平等に年を取っていきます。

年を取るなと感じる象徴は白髪だと思います。

女性の場合は、60代ぐらいまでは多くの人が白髪染めをしてると思います。

それ以上の人は、している人もいるし真っ白の人もいたりしますね。

男性の場合は40代の人は染めている人は多いかもしれないですが50代で染めている人は少ないように感じます。

白髪でいても自然な人と、染めている方がいい人っているかもしれないです。

私個人の感想としては、できれば真っ黒ではなくても少し染めた方が若々しく見えるので男性も染めた方がいいのになと思うこともあります。

また男性の場合、仕事で大きく変わるかもしれません。

例えば、農家さんで白髪頭でもなんとも思わないですが、銀行因さんが真っ白だと何だかちょっと嫌かもしれないです。

パット見白髪って、だらしがないというか手入れしていないように見えるので黒髪よりも綺麗に髪を梳いたり整えていないと小奇麗に見えないように思います。

なので、かたい仕事の人や、社長などの責任ある人が真っ白頭だとだらしなく見えてしまって、あまり良い印象に映らないかもしれないです。

やっぱり、70ぐらいになると真っ白頭にスーツも平気かもしれないけど、50代はちょっと白髪混じりでも大丈夫ですが真っ白頭だと黒のスーツ似合わないような気がします。