髪を短めにすると白髪が目立たなくなります

年齢より老けてみえたり疲れてみえてしまう白髪は染めてカバーする方法が一般的ですが、真っ黒になりすぎて不自然になってしまったり、日数が経つと色あせてムラになってしまうという欠点があります。

意外にいちばん目立たない方法は髪を切るときにかなり短めにすることです。トップは2、3cm、サイドは刈りあげれば物理的に白髪の面積が減ることで格段に目立ちにくくなります。

この方法は全体的にまっ白になっている人はもちろん、部分白髪の人にも有効です。

白髪は黒髪よりも光を反射し、また膨張色でもあることで目立ちやすく実際よりもたくさん生えているように見えてしまうので、短くすることで解決できるというわけです。

また、白髪はたんぱく質やアミノ酸によって合成されるケラチンが不足することにより色素が失われることが発生原因のためどうしてもパサつきがちなのも悩みです。

髪が長めだとパサパサしてしまい、疲れてみえたり生活感がでやすいですが、短めにすれば清潔感がアップし若づくりではない年相応さ、その人らしい個性が引きたちます。

白髪の色はもちろんのことパサつきも気にならず若々しくいきいきとして見えますし、お手入れもスタイリングもかなりラクになるのでおすすめです。